鍼灸治療についてのQ&A
Q:鍼灸治療はどのような病気に効果があるのですか。
A:一般に鍼灸治療は痛みに対して効くと考えられがちです。もちろん、腰痛、頭痛、歯痛、肋間神経痛や坐骨神経痛の痛み、 肩関節周囲炎(五十肩)、頚腕症候群、テニス肘、変形性関節症による痛みやしびれなどに対して、鍼灸治療はとても有効です。 しかし、意外かもしれませんが、痛み以外にも多くの症状を改善することができるのです。たとえば、冷え性、 のぼせ、めまい、肩こり、胃もたれ、食欲不振、便秘、月経痛、顔面神経麻痺、小児の近視、不眠、 虚弱体質など、さまざまな訴えをもつ方が通院しています。つらい自覚症状があるのなら、鍼灸治療はその解決の一手段となり得る治療法です。院内にも張り出してありますのでご覧下さい。
Q:鍼治療は痛くありませんか。怖くて受けられません。
A:皮膚に鍼を刺しますので、チックとした感覚はありますが、治療用の鍼はとても細くて針先が痛みを起こしにくい形になっていますので、 注射の時のような痛みはありません。しかし、 感じる痛みには個人差がありますので、痛がりの方は事前に申し付け下さい。また、痛い時には遠慮なくおっしゃってください。
Q:鍼治療は毎日行う必要がありますか。
A:治療の間隔は症状により異なります。急性の病気(ぎっくり腰・寝ちがいなど)では、 症状が改善するまで毎日治療を続けた方がよい場合もあります。しかし、多くの場合には1週間に1〜2回の治療をしばらく続けるというやり方が一般的です。何度か治療を行っていると症状が軽くなり、 徐々に治療の間隔が延びてきます。
Q:鍼灸治療を受けましたが、お風呂に入っても大丈夫ですか。また、運動しても平気ですか。
A:鍼を刺した皮膚の傷は、通常2〜3時間経てば元に戻ります。お風呂に入っても大丈夫です。治療後の激しい運動は控えてください。特に筋肉を緩めた治療では、運動によりさらに悪化する場合があります。
Q:妊娠中に鍼治療は行ってもいいのですか。
A:流産を起こしやすい妊娠初期は避ける方がよいでしょう。ただし、時期によっては治療可能ですので、主治医と相談してください。
Q:治療に使う鍼から病気に感染することはありませんか。
A:当院で治療に使っている鍼はすべて滅菌消毒済みのディスポーザブル(使い捨てタイプ)鍼です。 鍼によって感染することはありません。
Q:鍼灸治療でも健康保険が使えると聞いたのですが。
A:当院でも鍼灸治療で保険が使えますが、以下のような制約がありますので御来院の上ご相談ください。                  
制約とは以下の4つのです。
(1)治療の対象となる疾患が神経痛、関節リウマチ、腰痛症、頚肩腕症候群、肩関節周囲炎、頸椎捻挫後遺症の6疾患に限定されている。
(2)あらかじめ保険医療機関で治療を受けていて、主治医の同意書がいる。
(3)同意書に3か月の有効期限がある。(医師の同意があれば延長可能) 
(4)保険医療機関との同一病名での平行治療は禁止されている。(鍼灸治療を保険診療で受けている期間中は、他の医療施設で病名が同じであると保険診療を受けることができない) 

メール
トップ アイコン
トップ